十代のニキビの原因とケア

このブログでも何度か書いていますが『十代にできるニキビ 』と『二十代以降にできるニキビ

では原因と対策は大きく異なります。

 

ここでは、十代のニキビについて詳しく解説していきたいと思います。

十代でできるニキビは、二十代以降のニキビと違い比較的治りやすい特徴がありますが

対処を間違えるニキビ痕として一生顔に刻まれる事になります。

 

甘くみて油断する事なく正しい知識を持って『十代にできるニキビ 』の予防と対処にあたりましょう。

 

 

十代ニキビ画像

 

十代のニキビ出来るメカニズムとケアの仕方

 

十代ニキビ 』の原因はとてもシンプルです。

一言でいってしまえば、皮脂が多く分泌されるからです。

 

第一歩として角質が厚くなる事により毛穴の出口が極端に細くなります。

これは、皮脂が分解された(遊離脂肪酸)や男性ホルモンが影響すると考えられています。

 

ですが、余剰な皮脂が悪影響を及ぼすのは間違いありません。

これを十代で引き起こす原因とケア(対策)についてまとめました。

 

少し誤解があれば逆に悪化にすながる事もありますので

ご注意ください。

 

 

● 遺伝的体質による思春期特有過剰な皮脂分泌

 

顔によってしっかりと脂を落とす。

但し、一日に二回以上やゴシゴシ擦って刺激するような洗顔はNG。

 

 

●甘いもなど皮脂の分泌に影響を及ぼす食生活

 

チョコレートなど甘いものは控える。

 

●乳液やファンデーションなどの油分

 

ファンデーション特にクリームや乳液タイプは使用しない。

出来れば使用しないのが無難。

どうしてもの場合は、パウダーファンデを使用する。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ