リプロスキンの効果を上げる組み合わせとは? 

今回、紹介するのはリプロスキンとの組み合わせで効果を引き上げてくれるのが期待できものです。

まず、リプロスキン自体はブースターですので以下のスキンケアの手順の橋渡し的な役割があります。

 

つまり、肌の状態がよくない場合にこの架け橋がないと、ニキビ痕のケアをいくら一生懸命にしても

効果が薄いという事です。

 

 

橋の画像

リプロスキンの効果を上げるには相性の良い美容液を選びましょう

 

 

その、具体的なスキンケアの手順とは、洗顔と美容液での手入れを指します。

念の為に、それぞれの役割をまとめました。

 

 

洗顔

余計な皮脂を取り除き肌を清潔にする。

 

 

美容液・美容ジェル

 

肌がリカバーする為に必要な栄養を与える。

 

 

 

この二つのケアの真ん中に、リプロスキンを使用する事によってニキビ痕の治りを

早める事が期待されます。

 

理屈は、肌の表面に余計な角質(早く言えば垢)が積もっている時は

美容液の浸透もあまり期待できません。

 

リプロスキンの真の役割とは?

 

そんな状態でも肌の柔軟性を高めて美容液・ジェルの浸透を

高めてくれるのがリプロスキンです。

 

ですので、リプロスキンと相性の良い組み合わせと以下になります。

 

 

相性

 

リプロスキン と相性の良いコスメを選ぶポイントとは?

 

以下がリプロスキンと相性の良い石鹸と美容液を選ぶポイントです。

 

 

洗顔料・洗顔石鹸

 

皮脂の汚れをしっかり吸着すると同時に

美容液の浸透を妨げる余計な成分や肌を乾燥させる

合成界面活性剤がはいっていないさっぱりしたもの。

 

例:天然素材の固形石鹸など

 

美容液

 

保湿成分(セラミド、エラスチン、コラーゲン)が

含まれているもの

 

 

 

 

 

あまりリプロスキンを使い続けているのに効果が薄いという方は、一度

上記の記事で書いている様な使い方をしているかどうか確認された方が良いでしょう。

 

 

リプロスキンと相性の悪い組み合わせ

 

それでは、リプロスキンと相性の悪い組み合わせはあるのでしょうか?

それは、ピーリングです。

リプロスキン(柔軟性を高める) とピーリング(角質を取り除く)とも

浸透を上げる、ターンオーバー向上させるという同じ方向性がある為に

相性は良くないようです。

 

リプロスキンの使用中はピーリングは控えましょう。

 

ピーリングとリプロスキンが相性が悪い理由とは?

 

リプロスキン 自体が肌のブースターローションとして肌を敏感な状態に変えるもの。

そこへ、ピーリングをしてしまうと、刺激が強すぎて逆効果になってしまうという事だと思います。

 

ちなみに、リプロスキン使用時にはピーリングは避ける様にとの注意事項は

リプロスキンの販売元も言及している事です。

 

リプロスキンと似たコスメでなく補うコスメ

 

つまりリプロスキンと似たような効果のコスメを使うと相性が悪いと言う事です。

逆にリプロスキンが弱い保湿などを補おうコスメを使う事で効果を損なわず

効果を高めると言えると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ