ニキビ痕の3つのタイプとリプロスキンの有効性

一言でニキビといっても段階によって、症状も違ってきますしリプロスキンの有効性も異なってきます。

場合によっては、リプロスキンを使用しない方が良い場合もありますので貴方のニキビの症状と比較してみて下さい。

 

もちろん、普通のニキビの状態であればリプロスキンを使ってケアするのは全く問題ありませんが

 

厄介なのは、ニキビが悪化した場合とそれが痕になって残った場合です。

 

大きく分けて下記の画像の様な三タイプに分類されます。

 

ニキビの種類とリプロスキン

 

 

 

 

 

炎症、赤らみが残ってしまったタイプ

 

赤らみタイプ

 

 

 

 

注意なのは、炎症が酷い場合は、リプロスキンの使用は控えて

炎症や膿が収まってから使用した方が良いです。

 

その後で残った赤らみはリプロスキン+保湿で時間をかけてケアしていきましょう。

 

シミまたは黒ずみが残ってしまったタイプ

 

シミタイプ

 

 

 

 

こちらのタイプは、リプロスキン使用で大丈夫です。
上記の赤みタイプ同様に時間はかかりますが、こちらのニキビ跡もじっくりお手入れをしていきましょう。

 

シミタイプはビタミンC誘導体を配合している化粧水を併用する事で早く効果を得られる場合があります。

 凹凸、クレーターニキビタイプ

 

クレターニキビ

 

 

 

 

 

炎症が最終段階まで進行してお肌の壁を破壊して穴になってしまった為におこります。

 

とてもシリアスなのがこのタイプで軽度であればリプロスキンでケアする事もできなくないですが

 

 

重度の場合は、有効性は薄いと思います。
まずは、皮膚科などで相談して対応を決めましょう。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ