クレーターニキビ痕にリプロスキンは効果があるのか?

クレーターニキビ痕にリプロスキンって果たして効果があるのでしょうか?

色々な口コミサイトを見ていると簡単に治る様な印象を受ける記述が見受けられますが

これは、非常に注意しなければいけません。

 

クレターニキビ痕とは、お月様の表面の様な凸凹した形状だからこの様なネーミングになっているのでしょう。

 

これは、別名『あばた 』などと呼ばれていますが、 炎症を繰り返す事によって

毛穴の周りの組織まで破壊しています。

 

だから、皮膚が再生してもなめらかにはならないで、穴が目立つ状態になっているのです。

 

 

クレターニキビ痕

 

リプロスキンでクレーターは治せるの?

 

リプロスキンの公式サイトでは、対応しているニキビ痕として

このクレターニキビも含まれています。

 

対応ニキビ痕一覧

 

ですので、もちろんリプロスキンでケアする事は問題ありません。

しかしながら、即効性を期待しているとががっかりする事になりますので

注意が必要です。

 

これは、皮膚にできた深い傷を考えればわかります。

重度の場合は、時間をかけて薄くなる事はありますが消える事はないのではないでしょうか。

 

クレータニキビ痕も同様です。

 

このクレターニキビを治すには、不要な角質を取り除いて、新しい細胞の代謝が促されます。

皮膚かなどででは、ビタミンCのイオン導入などでこれを行いますが

リプロスキンにも同じではありませんが似たような効果が期待できるので

クレターニキビ痕が薄くなっていく手助けはしてくれるます。

 

但し、『クレターニキビ痕の治りが早まる 』と『クレターニキビ痕が早く治る 』は同じではありません。

他のクレターニキビ治療法とリプロスキンを比較

 

他には、レーザー治療という方法もあります。

これは、クレターにレザーを照射して皮膚を削り平らにする方法です。

 

しかしこれは、治療後に赤身が数か月残り、シミなどができやすくデメリットがあります。

それから、費用も高額になります。

 

 

そいった意味では、時間をかけて薄くする覚悟がある場合は

リプロスキンを使用するメリットはあると言えそうです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ