漢方薬で「ニキビ」を治す方法

ここでは、漢方薬で治す「ニキビ」治療に焦点を絞って紹介させて頂きます。

ニキビは皮膚にできて体の表面にできるモノです。

なので、どうしても塗り薬を求めてしまいがちですが、実は塗り薬を塗ったりしても根本的な解決にはならない場合が多いです。

なぜなら、特に大人ニキビの場合はそうですが、ストレス・ホルモンバランスなど色々な身体の内側に潜んでいる

要因によってニキビは引き起こされているからです。

 

ですので、ニキビを根本的に改善しようと思ったら漢方薬が良い場合が多いです。

 

Š漢方薬

漢方薬をニキビケアに使った方が良いケース

 

漢方薬でニキビを治していくのは、副作用が殆どないので安心して

治していけるというメリットがあります。(全く、副作用がないわけではない。)

 

それでは、漢方薬をニキビに対して使用した方が良いのはどんなケースでしょうか。

漢方薬の作用と種類について書いていきます。

 

体質改善・ホルモンバランスを漢方薬で整えてニキビケア

 

冒頭でも書きましたが、大人ニキビなどの原因になりうる

ホルモンバランスの乱れやニキビができやすい環境を整えるのに

漢方薬は、良い様です。

 

■ 大人ニキビで繰り返しできる。

 

コスメを使ったりしているが、それでもニキビが繰り返してします。

 

■ 生理前などにニキビが繰り返しできる。

 

そんな場合に漢方薬でニキビケアを試してみると良いかも知れません。

 

ちなみに、管理人がオススメする大人ニキビ用の漢方薬はコチラです。

 

 

生理前にホルモンバランスが乱れる方に

良いとされている「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」などが使われています。

 

 化膿したニキビに漢方薬

 

もう一つ漢方薬は、化膿したニキビに 使うと良いでしょう。

それから、赤みを帯びたニキビにも使っても大丈夫です。

 

化膿したニキビにオススメ漢方薬はこちらです。

 

 

この漢方薬は、腫れを和らげたり、膿の排出を促す成分が入っています。

体質的に膿みやすい方などは、服用された方が良い薬です。

 

繰り返しになりますが、ニキビの場合は体質に左右される事があります。

ですので、漢方薬で良くなったという声も多く聞かれますので

一度、漢方薬での体質改善を試してみて下さい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ