ニキビとニキビ痕に効く市販の化粧水はコレ!

ここで紹介するのは、ニキビやニキビ痕のケアに関して定評のある化粧水や美容液(他にもオールインジェルなど化粧品全般)を紹介します。

ニキビケアのプロセスに沿ってそれぞれに合った化粧水・美容液とそれぞれの成分が作用するのかまで

解説していますので最後までお付き合いください。

 

ここで紹介するのは、市販で購入できるものです。

あなたのニキビのタイプに合ったものを見つけて、早めにニキビからオサラバしましょう。

 

ニキビからオサラバイメージ

 

 

ニキビとニキビ痕を治す化粧水 STEP 1  炎症を沈める

 

ニキビは、発生してから通称白ニキビ黒ニキビと呼ばれるまだ、炎症を起こしていない状態にあります。

< 医学的には、面皰(めんぽう)と呼ばれます。>

 

 

しかし、その後に毛穴の中にたまった皮脂を栄養源としてアクネ菌という雑菌が繁殖します。

<医学定期には、丘疹(きゅうしん)と呼ばれる状態です。>

これは、通称、赤ニキビなどとも呼ばれてニキビが炎症している状態にあります。

アクネ菌

こうなった場合にはまず、炎症を沈める必要があります。

炎症を沈める成分が配合されているニキビ用の化粧水・美容液としておススメなのが

下記の商品です。

 

<b.glen(ビーグレン)  クレイローション >

ビーグレイン クレイローション1

 

概要:炎症を沈める有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが炎症を沈めてくれます。

購入先:>>>b.glen(ビーグレイン クレイローション)の購入先>>> 

ニキビタイプ:青春ニキビ、大人ニキビ

 

ニキビとニキビ痕を治す化粧水 STEP2  潤いを与える

 

ニキビができる根本的な原因として角質が厚くなって毛穴が塞がれてしまっていたり狭くなっている状態が挙げられます。

この状態を化粧水で改善するには、保湿をする事です。

 

但し、肌を保湿するというのは肌に水分を与える事ではありません。

 

なぜなら、水は肌の表面にある状態で初めこそ潤っている様に感じますがやがて、蒸発し乾燥を招きます。

 

潤い

 

ですので、肌を潤す為に化粧水や美容液を選択する場合には、しっかりした有効成分が配合されたものを

選びましょう。

 

特に、成人されてからのニキビケアには肌に潤いを与える事がなによりも重要です。

 

おススメの商品は、下記の製品です。

 

<  BibaRain(ビバレイン)】 >

ビバレインの画像

 

 

概要    :セラミド3 加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸など肌を柔らかく潤いを与える

成分が配合されていいます。
購入先   : >>>BibaRain(ビバレイン)の購入先>>>
ニキビタイプ:大人ニキビ

 

 

ニキビとニキビ痕を治す化粧水 STEP3  ニキビ痕のケア

 

ニキビが治った後に待っているのがニキビ痕です。

ニキビが炎症を起こした場合に、炎症痕がシミ・赤みなどのニキビ痕になって残る事が多い様です。

この場合には、肌のターンオーバーが上手くいっていないと治りが遅かったりして肌に残ったり

繰り返しできるニキビと相まって、悪化の一途を辿っていきます。

 

この最終段階が凸凹ニキビ痕です。

 

クレーター状のニキビ痕になった場合は、完全に消すのは困難になりますので

ニキビが炎症した場合には、先手を打って化粧水などでケアをする事をおススメします。

 

ニキビ痕

 

ニキビ痕に私が一押しの化粧水は、下記の商品です。

 

<リプロスキン>

リプロスキン

 

概要    :繰り返し出来るニキビ肌を改善してくれる化粧水。

肌のターンオーバーを正常にするのを手助けしてニキビ痕を治りをサポートしてくれる。

ニキビ痕ケアに定評のある化粧水です。

購入先   :>>リプロスキンに関しては注意点を読んでから購入下さい。>>>

ニキビタイプ:大人ニキビ,ニキビ痕

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ