陥没ニキビはどうすれば治る?

肌の皮膚が陥没してデコボコになってしまったニキビ痕は、以前の記事に書いた通り毛穴の周りの壁が破壊されておこります。

また、そちらの記事で書いた通り、一番の理想は陥没する前に対処をする事です。

詳しくは、クレーターニキビ痕の対処法をご覧ください。

 

ですが、もちろん陥没ニキビがいつまでも残っていて不快に感じのは普通です。

完全に陥没ニキビを治すのは難しいですが、皮膚科によって以下の対応して効果が上がりケースもあります。

ここでは、皮膚科では、ニキビ痕にどの様な対応をするのか紹介します。

 

陥没ニキビ痕

陥没ニキビに対しての対処方法

 

 

ピーリング

 

ピーリング剤によって余計な角質を落として肌のターンオーバーを高めて

皮膚をゆっくりと改善していく方法。

リスクは低いが、時間がかかるのと陥没している度合によっては効果が薄い

可能性があるのがデメリット。

 

レチノイン酸の塗り薬

 

ビタミンAはビタミンA誘導体の一種でニキビ痕の治療に使われます。

コチラも、ターンオーバーを促進する働きがあるますが、これも

陥没ニキビ痕の度合によって限度があります。

 

レーザー治療:

 

真皮や皮下組織までレーザー光での治おす為に、上記の二つの皮膚の自然治癒では

不可能なクレーターニキビ痕まで効果がある可能性があります。

但し、デメリットは費用が高額になる事と施術によっての失敗のリスクです。

また、レーザーで治療すれば必ず治るという事もありませんので

頭に入れておきましょう。

 

クレーター陥没ニキビを治す場合には、個人の決断が必要

 

上記の通り、皮膚科でのニキビ痕へのポピュラーな治療法を紹介しました。

程度によって、リスクと費用、効果を総合的に考えて信頼の

おける皮膚科で治療をする事が大切です。

 

それぞれの方法には、必ずメリットとデメリットが存在しますので

よく考えて判断する事が大切です。

 

 

 

■ ニキビ痕を治療してくれるクリニック
レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ