油とり紙はニキビができるから使用してはいけない?

油とり紙ニキビができるから使用してはいけない」というのは、ニキビ関連の書籍などでよく書かれている事です。

「これって逆じゃないの?」って私は思っていました。

 

ニキビは油が原因でなるので、それを拭き取るのは、ニキビ予防になるのでは?

これは、私だけではなく一般的な感覚だと思います。

 

油とり紙

 

 

実は、油とり紙はニキビを増やす

 

実は、皮脂(油)というのは、必要だから肌から分泌されているのです。

それは、肌を外部の刺激から守ったり、水分を蒸発させないなど重要な役割を持っています。

ですので、「油とり紙」などで皮脂を奪ってしまうと、

脳が「必要な皮脂がなくなったから分泌しなくては!」と気がつき分泌をする指令を出します。

 

油の取り過ぎは、ニキビには逆効果です

 

そうするとかえって皮脂の分泌が過剰になって、ニキビの原因となります。

本来であれば洗顔で十分なはずです。

(洗顔でもこの油を嫌うあまり、過剰に洗顔をしてしまう傾向がありますが、

これも実は、逆効果です。)

正しい油とり紙とニキビ対策について

 

もし、どうしても若い方で、皮脂が気になる方は、オデコや鼻など気になる部分だけ

油とり紙を使用してその他の部分は、テッシュなどで軽く拭き取りましょう。

 

それから、もしあなたが皮脂過剰になっているのなら

部屋の乾燥やストレスの解消に気を配った方が効果的です。

 

なぜなら、これらは皮脂を過剰に分泌させる原因になっているからです。

 

 

このブログへご訪問頂いてありがとうございます。

 

ありがとう

 

「ニキビ」や「ニキビ」痕が繰り返す時はとても辛いし 自分でも自信がでなくて嫌な気分です。私もそうでした。

 

このブログがあなたのニキビを克服するのに少しでもお役にたてたら嬉しいです。

 

ニキビを克服に役立つコスメや薬一覧です。   ⇒ ニキビコスメ薬一覧

 

皆さんの応援がブログを続ける励みになります。 お手数は掛けません。ワンクリックだけお願いしす。

 

↓↓↓

にきび・吹き出物 ブログランキングへ

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ