ニキビを治す簡単な三つの方法  

ニキビって誰でも若い時にかかる身近なものですが、実は歴然とした病気なのです。

病名は尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)と言います。

ちょっと難解な響きですが、医学的にはこう呼ばれます。

思春期にできる出来るものをこう呼んで、それ以外は吹き出物と呼ぶ事もあります。

昔は基本はニキビは、若い人だけにできるものなのでこういう呼び名ですが

今では大人ニキビで悩む人が多い為に”大人ニキビとかアダルトニキビ”なんて呼ばれています。

 

だから、反対に思春期の成長期にホルモンで皮脂が過剰分泌でできるのは

青春ニキビなんて呼ばれます。

 

また、ニキビが治まった後に悩まされるのがニキビ痕です。

ニキビ痕は、赤身タイプ、シミ黒ズミ、クレーター陥没タイプがあります。

 

ニキビに関する疑問

 

ニキビの原因と短期間で治す三つの方法

 

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まって

(または乾燥により角栓肥厚といって乾燥などで毛穴の出口が塞がれる。)

事がきっかけとなります。

そこに 皮脂を好むアクネ菌が繁殖して悪化するのです。

 

一般的には

 

 

  • 青春ニキビは、皮脂の過剰分泌により起こり
  • 大人ニキビは、乾燥や生活習慣(睡眠、食事、ストレス)などが

 

原因となるとされますが、複雑な要因が絡んでますので特定するのは困難です。

 

<下記の様に、皮脂を分泌する毛穴が詰まるって炎症していくのがニキビの特徴>

ニキビが出来る様子

 

 

洗顔、炎症を収める、保湿がニキビを治す三つの方法

 

ニキビを治すケア用品

 

ホームケアでニキビを治す場合には、次の三つの手順でニキビは治します。

 

 

数字1

 

まずは、洗顔でしっかりと 汚れを落とす事。

特に皮脂過剰でニキビがでいる若い人はしっかりと汚れや皮脂を落として

あげるが大切です。

 

但し、過剰に洗顔をするとお肌を守っているバリアとなる

油まで奪うので回数は二回、時間はあまりかけないで行いましょう。

 

 

 

数字2

 

次はお肌に必要な成分を与えてあげる事です。

 

炎症を起こしている場合には、鎮静させる有効成分

 

皮脂の抑える為にビタミンC誘導体などが有効です

 

最後にお肌を保湿して柔らかく保ち油分と水分のバランスを保つ。

 

これらを、美容液で補う事が必要です。
洗顔から、炎症をおさめる、お肌を整える、保湿までが出来る
ビーグレンの製品

は、青春ニキビ、大人ニキビにおススメです。
check

それからニキビ痕(赤身、黒ズミ)をケアするのは

ブースターやピーリングが有効です。

これは、生理前ニキビをある程度予防してくれると思います。

 

陥没したクレーター状のニキビ痕であれば

皮膚科にてレーザー治療がもっとも短期間で治す方法です。

また、ピーリングと併用はできませんが繰り返すニキビとニキビが治まった後の
ニキビ痕ケアには化粧水であればリプロスキン が良いと思います。

生理前に出来るニキビなんかにもお薦めです。

 

数字の三

 

生活習慣を見直すのが最後の方法です。

①から➁までを真剣に取り組んでもこれが疎かになっていると意味がありません。

現代にライフスタイルはニキビとの相性はよくありません。

夜更かし、睡眠不足、偏った食事、ストレスによるホルモンバランスの乱れなど

列挙していくときりがありませんが、小さな事がニキビの原因や悪化させる元になっています。

それから意外な所では、腸内環境や虫歯がニキビを発生させている事もあります。

 

 

ちょっとした事が努力の山を一瞬にして崩してしまう事にもなり兼ねないので

ニキビで悩んでいる時には一倍気をつけて生活する事がニキビを短期間で治す秘訣です。

 

次の生活習慣でニキビを生んでいる例を参照してニキビを少しでも

早く治しましょう。

 

 

ニキビケアライフスタイルa

 

※ 関連記事

管理人が厳選したニキビに定評のある化粧品一覧です。
(クレンジング・洗顔料・ファンデ・美容液など変えてみたい方はコチラが参考になると思います。)

ニキビケア化粧水やコスメ

 

とりあえずコスメは何を選んで良いのかわからない場合はニキビケアのトライアルセットをオススメします。

>>>ニキビケアのトライアルセットに関して<<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ