ニキビ予防の為のクレンジングと洗顔について

ニキビができてしまうと(また、ニキビができた経験があると)とにかくクレンジングや洗顔によって

『皮脂の汚れを落とさなくていけない 』という概念にとらわれ過ぎてしまう方がいます。

 

でも、あまり過剰や不適切ケアは、逆にニキビを増幅する事になるので注意が必要です。

 

洗顔画像

 

ニキビを治す適切な洗顔とクレンジングについて

 

ここで、紹介するのは適切でないニキビケアの為の洗顔、クレンジングです。

洗顔やクレンジングをしっかりして皮脂をちゃんと落としているのに

ニキビが改善しないという方は、ご自身に当てはまる事はないかチェックしてみて下さい。

 

洗顔石鹸を使って一日に何回も洗顔をしている。

⇒何度も洗顔をしても落ちる皮脂には限界があります。

また、必要な皮脂まで奪うので肌が乾燥する可能性があります。

 

クレンジング(メイク落とし)で洗顔をしている。

⇒メイク落としは、ファンデーションなどを落とすものです。

界面活性剤により肌を乾燥させますのでメイクを指定ない時は止めましょう。

 

皮脂の分泌が多くないのに強い洗顔料を使っている。

⇒二十代以降で脱脂力の強い洗顔料を使用していると

肌が乾燥する可能性があります。洗顔後に肌が乾燥する様で

あれば固形石鹸などで洗顔しましょう。

 

ニキビケアは適切なバランスで洗顔とクレンジングをする事が大切です。

 

確かに、ニキビケアには余分な皮脂や角質の汚れは落とす必要があります。

これは、あくまでもご自身の肌に合わせた適度な加減が必要です。

 

そうでないと、乾燥から角質が厚くなりニキビができやすくなります。

 

料理で、何もしないわけでなく、やり過ぎなくバランスのある調理加減が

美味しいものを生むのと同じでニキビケアもバランスが必要ですので

ぜひ覚えておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ